LINEで送る
Pocket

いまや日本でも国民病になりつつある肥満ですが、そんな肥満に効く薬があると聞いたらどう思われますか。
肥満大国アメリカではすでに肥満治療に役立っています。
どんなものなのでしょうか?

ダイエットで大事なのは食事と運動…とは言うけれど

やはり食事と運動は大切ですが、それで本当に痩せられる人はどの位の割合いるのでしょうか。
長く続かなければ効果が出ないのがダイエットです。
特に停滞期に入ると苦しいばかりで体重が減らず、挫折してしまった経験ある方もいらっしゃるのでは。
そんな時飲むだけで効果がプラスされる薬があったらどうでしょうか。

ゼニカルをはじめとするダイエットピル、飲むだけで効果がある?

近年人気を集めているダイエットピルがゼニカルです。
この薬はスイスに拠点を置く製薬会社ロシュ社が作り、販売しています。
アメリカでは認可され、実際に世界中の方に愛用されています。
食事で摂取した脂肪分が体に吸収されるのを防ぐ働きがあると言われています。
この効果によって飲むだけで最大30%のカロリーを減らすことができるとされています。

最大の特徴は何と言っても「飲む」だけ

ダイエットピルの特徴は口からカプセルを飲むだけと言うことです。
無理な運動や食事制限は要りません。
そのため多くの方が続けることができ、結果ダイエット効果が得られると考えられます。
ついストレスからやけ食いしてしまった。
お付き合いで飲んでたくさん食べてしまった。
そんな時、食後に飲むだけで良いのです。
もちろん普段の食事の際に長期間使用しても問題ありません。
ここがいままでの薬とは大きく違う点です。
サノレックスの場合、神経に作用するため依存性や吐き気などの問題で長期間の服用が困難でした。

今後のダイエットピルはどうなっていくのか

より安全で副作用の少ない薬が開発されていくでしょう。
また治験が進めば日本で肥満の方に保険適用で手に入る時代が来る可能性もあります。
海外でのみ入手可能な薬でも個人輸入などで手に入れることはできますので、ダイエットがより手軽なものになるでしょう。
少し体重が増えた時に薬を服用する、体重を維持するために服用する。
そんな時代が来るかもしれません。

ダイエットピルの多くは現在、厚生労働省の認可待ちや認可に向けて準備をしている段階のようです。
認可されれば、メタボリックや体重増加に悩む方の強い味方になってくれることでしょう。
またダイエットが原因の過食、拒食に悩む方が減るかもしれません。
どちらにせよ国内でも認可される日が待たれます。

LINEで送る
Pocket