LINEで送る
Pocket

近年人気を集めている薬、ゼニカルですが副作用もあります。
特にビタミン不足は美容や健康に良くないので、気を付けてビタミン剤などを一緒に服用しましょう。

薬の副作用下痢が起こりやすくなる

薬を飲み始めてからしばらくは多くの人に下痢や急な便意、脂分の排出などがみられます。
たいていは1ヶ月ほどで治まってきますが、中には数カ月続く方もいます。
あまりにも長く続く場合は医師に相談しましょう。
脂分の排出に関しては、薬の効果が表れているという証拠でもあります。
しかしトイレを汚してしまう、ナプキンを使用しないと危ないなどあり、人によっては不便と感じる可能性があります。

ビタミン不足は肌に良くないだけではない

ビタミンが不足すると肌が荒れたり、病気になる危険が高まったりと良いことはないです。
薬を飲んでいるとビタミンA,D,E,Kやベータカロテンが不足しやすくなります。
ビタミンAが不足すると目が疲れたり、ドライアイになりやすくなったりします。
ビタミンDやKが足りなくなると骨が弱くなり、骨粗鬆症をひき起こすことがあります。
ビタミンEはCと同じく不足すると肌の老化を招きます。
このようにビタミンは体に無くてはならない成分なのでビタミン剤などでしっかり補いましょう。

ごく稀に重症化することも、体質に合わないと感じたら服用を止めましょう

薬の飲んでいて少しでもおかしいと感じたら、服用を中止して医師の診断を受けてください。
肝臓機能に障害を起こすことがあり、重篤になると移植が必要になります。
以下のような症状が出たら特に注意が必要です。
・体のだるさ
・体にかゆみが出る
・皮膚が黄色っぽくなる、白眼が黄色くなる
またこちらも稀ですが腎臓障害になることもあります。
手足がむくむ、尿の減少、背中の痛みなどが出たらなるべく早く医師に相談しましょう。

通販でも手に入るができれば医院で

薬は通販でも簡単に入手することができます。
一方医師にかかると自由診療なため高額になり、面倒だと感じる方もいることでしょう。
しかし初めて使うならば、体質に合わない時のことも考えて医師の指導下で使うことをオススメします。
なにかあった時でもすぐに対応してもらえます。
また普段から他の薬を常用されている方もまずは担当の医師に相談しましょう。

ゼニカルは大変便利な薬です。
いままで何をやっても続かなかった、効果が出なかった人でも効果が表れています。
しかし薬である以上副作用が起こることも稀にあるので、その点も理解したうえで使いましょう。

LINEで送る
Pocket