LINEで送る
Pocket

昨今名前を聞くようになったゼニカルですが、どういったものなのでしょうか?
ダイエット・美容に良いという話はどこまで本当なのでしょうか。
怪しい薬ではないのでしょうか?

アメリカ食品医薬局も承認している成分を含んでいます

痩せ薬と聞くと効果があるのかどうか以前に怪しい薬なのではないかと思われる方も多いことでしょう。
しかしゼニカルは少し違います。
まずアメリカ食品医薬局(FDA)が承認した成分であるオーリスタットを配合しています。
すでに全世界で4000万人以上がダイエットのため、あるいは体重維持のためこの薬を試しています。

100年以上の歴史を持つ会社が開発

1896年設立の世界的な製薬企業「エフ・ホフマン・ラ・ロシュ社」が開発に成功しました。
そして重度肥満者を対象にした治験結果から体重管理に効果があると期待されています。
また気になる安全面も実証されています。

どういった仕組みで体重維持をするのか

痩せ薬というと効果が怪しかったり、科学的根拠に乏しかったりします。
しかしゼニカルはきちんと科学的根拠に基づいています。
仕組みはこうです。飲むと食事で取った余分な脂肪分を吸収して、そのまま体外に排出します。
これによって余計な脂肪分およそ30%を体に取りこませないようにします。
結果、体重維持やダイエットに効果があるとされています。
そのため、炭水化物などよりも脂肪分が多い食事の前に取ると効果的と言われています。

使用方法は至ってシンプル

一日三度の食事の時に一緒に薬を飲むだけです。
これだけですから続けやすく、無理なダイエットのように挫折してしまうこともありません。
ただ過剰な使い過ぎは禁物です。何事も過ぎたるは及ばざるがごとしで飲み過ぎると体調不良を起こす方もいます。
きちんと用法用量を守りましょう。

他にも副作用として軟便や下痢、油を含んだ便が出るなどが報告されています。
ある使用者の方の話では飲むと数日間油を含んだ便が出続けたそうです。
これはこの薬に対して効果があるということの裏返しでもあります。
女性の場合ならばナプキンをするなど対応できますが、男性が使用する場合は何か他の工夫が必要かもしれません。
またトイレ自体を汚してしまうので、トイレを汚さない工夫も必要です。
一般的には用を足す前にトイレットペーパーを敷いて足すと良いと言われています。

気になるお値段は…?

42錠でおよそ7000円~と決して安い薬ではありません。
また近年人気が高まっており、品不足も指摘されています。
通信販売でも購入可能ですが、なかなか在庫が無いようです。
またこういった薬で依存性を心配される方もいらっしゃいますが、一部のダイエットサプリのように神経に働きかける作用はありません。

したがって依存してしまうという心配もありません。
そのため使用期間に制限がなく、長期にわたって服用しても問題が起きにくいです。
よく比較されるサノレックスは国内で認可を受けている肥満薬ですが、依存度が高いと言われています。
そのため医師の処方がなかなか出ず、手に入りにくい薬です。
ゼニカルの方が安心ですし、手に入れるのも容易です。

無理なくダイエットやはり手軽さが大切

ダイエットと聞くと多くの方がチャレンジし、そして挫折を味わったことでしょう。
成功するのはほんの一握り。自分は意思が弱いから…と思ってはいませんか?
でも本当に意思の弱さだけでしょうか。
あなたのダイエット方法に無理があったのではないでしょうか。
特定のものを食べなかったり、逆に特定のものばかり食べたり。
あるいは慣れない運動で続かなかったのでは?
そうした習慣にないことを新たに習慣化するのは難しいものです。
決してあなたの意思が弱かったのではなく、ダイエット方法に無理があったか、あなたに合わないダイエット方法だったのでしょう。
ダイエットで一番大切なのは続けやすさです。
その点ゼニカルは飲むだけという手軽さ。
続けられるかどうか金銭的な問題、品不足などはありますが、いままでのダイエットで上手くいかなかった方は一度試してみてはどうでしょうか。

薬に頼りすぎないようにして体重管理をしましょう

よく、ダイエットは食事や運動のバランスが大切と言われますが、例え薬を飲んでいたとしてもそれは変わりません。
薬があるから大丈夫と過信せずに、普段からバランスの取れた食生活を心掛け、適度に運動した方が良いでしょう。
また脂溶性のビタミンも一緒に排出されてしまうという点も注意が必要です。

特にビタミンA・D・E・Kは脂溶性ビタミンなため失われやすく、ビタミン剤などで補給する必要がありそうです。

いままでダイエットで食事制限や運動をしたけど続かなかった、効果が無かったと言う方は一度ゼニカルを試してみてはどうでしょうか?

もちろん、合う合わないはあるので万人に有効かどうかはわかりません。
しかし試してみもしないでダメだと思うのは時期尚早です。

まずは何事もダイエット 食欲抑制剤をチャレンジしてみることが大切ではないでしょうか。

LINEで送る
Pocket